2007年度―小学校低学年(小学1~2年生)の課題図書

小学校低学年の課題図書

2007年度(平成19年)

おじいちゃんのごくらくごくらく (ひまわりえほんシリーズ)

おじいちゃんはお風呂に入ると、いつも言います。「ごくらくごくらく」…この言葉は、いつしかおじいちゃんとゆうたをつなぐ合言葉となりました。(「BOOK」データベースより)

表紙 作品名 著者/出版社

おじいちゃんのごくらくごくらく

西本鶏介/作
長谷川義史/絵
鈴木出版

 

ハキちゃんの「はっぴょうします」 (おはなしドロップ)

せかいをかえちゃう「ひみつへいき」がでてきます!たのしくっておかしくってびっくりなおはなし。小学1年生から。(「BOOK」データベースより)

表紙 作品名 著者/出版社

ハキちゃんの「はっぴょうします」

薫くみこ/さく
つちだのぶこ/え
佼成出版社

 

ぼくのパパはおおおとこ

ぼくにはだいすきなおおおとこのパパがいる。パパのくしゃみはたいふうみたい。サッカーのキックはおつきさまにとどくほど。ぼくがこわいときはいつだっておおきなうででぎゅうっとだきしめてくれるんだ。きみのパパもおおおとこかな。(「BOOK」データベースより)

表紙 作品名 著者/出版社

ぼくのパパはおおおとこ

カール・ノラック/文
イングリッド・ゴドン/絵
いずみちほこ/訳
セーラー出版

 

はっぱじゃないよぼくがいる (森をあるけば)

葉っぱを見ていると、穴があいているものに気づくことがあります。穴があく理由は、虫が食べたり、風でこすれたりとさまざまです。とくに小さい子どもたちにとって、葉っぱの「目」はとても気になるものです。子どもたちと同じ目の高さでいっしょに見ると、そこには、子どもだったあのころの自然がまっています。あなのあいたはっぱが、森へのキップです。日本の森を撮りつづける写真家、姉崎一馬の写真絵本「BOOK」データベースより)

表紙 作品名 著者/出版社

はっぱじゃないよぼくがいる

姉崎一馬/ 文・写
アリス館